で、どぉ思う?
多事総論。色々ありますが、あれやこれやどう思います?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新情報
 初めての方は左のカテゴリーから「初訪問の方はこちら!」へまず行って下さい。 

 ここでは最新の更新情報をお知らせ。上から順に新しいです。
 ・「東シナ海ガス田開発問題」(国際関係/2005/10/6))new
 ・500HITS!!!!(2005/10/02)
 ・「北朝鮮@朝鮮民主主義人民共和国」(国際関係/2005/09/26)
 ・カテゴリー『国際関係』(2005/09/26)
 ・「靖国問題あれこれ」(政治/2005/09/15)
 ・「アクセスUPについて」(ご意見・要望/2005/09/20)
 ・「参院いる?いらない?」(政治/2005/09/15)
 ・「平成17年衆院議員選挙」(政治/2005/09/11)
 ・「このサイトこうしろよ!」(ご意見・要望/2005/09/12)
 ・「このネタ立てろ!」(ご意見・要望/2005/09/12)
スポンサーサイト
東シナ海ガス田開発問題
 靖国板でのとあるやり取りから、「東シナ海ガス田開発問題で中国ではなく、むしろ日本に問題があるのでは?」という疑問が湧いたので調べてみました。いつも通り自論展開するのみでも構いませんが、「READ MORE」をご覧になった後ご意見頂ければ幸いです。
[READ MORE...]
北朝鮮@朝鮮民主主義人民共和国
 お久しぶりで。管理人です。風邪をひいててコメント力がないっす。さて「このネタ立てろ!!」板への投稿です。west-rさんから。

>ぶっちゃけちゃうと、北朝鮮がらみでは、
今日本が果たすべきことは、「核の脅威」の除去とか、東アジア安全保障の安定の方であって、拉致被害者解消の方ではないと個人的に思っているわけです。
 だからその辺含めて、あの国にどんな姿勢でいくの?みたいな議論がしたいなあと。


 という訳で北朝鮮。新たに「国際関係」のカテゴリーよりお届けします。
靖国問題あれこれ
 このテーマほど複雑多岐な問題もないわけですが、敢えてがんばってみましょう。

 「私人」としての首相参拝は昔からあれど、戦後公式参拝の始めは85年の中曽根康弘首相だった。東アジアからの批判はあれど、歴代首相は様々な形式で参拝を続けてきたが、ついに20004年4月に福岡地裁から違憲判決が出されている。

 さて、経緯の説明はこの程度に略すとして、根本的な疑問が一つ浮かんだ。何故歴代首相(自民党)は靖国参拝にそこまでこだわるのか。

 しばしば「慰霊」は当然と言われるが、「無宗教が宗教」な時代の20歳の私から見ればなんら当然ではない。戦争に現実性を感じ、戦没者に共感のできる世代は確実に減ってきている。

 また、古賀誠さんが会長の遺族会の影響力も言及されるが、実際どの程度権威的なものなのだろうか。
アクセスUPについて
 先日コメントにも頂きましたが、意見交換・議論系のサイトとして、「人の数」は極めて重要なファクターです。しかし、凡人一人の知恵には限界があります。w

 というわけで、ここへの参加者数UPの為の知恵を貸して頂けたらと思います。コメントお待ちしとります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。